債務整理を大阪で考えている人はそれぞれの方法の特徴を把握しておこう

HOME>注目記事>借金に応じた解決法を選ぶことが早期改善への道

状況に応じて方法を選んでいく

恋愛イメージ

仕事を失って借金の返済能力がゼロになっても、自己破産をすれば借金を帳消しにできます。一定の返済能力がある人の場合は任意整理や個人再生などの選択が一般的で、自己破産との最大の違いは家を守れることです。個人再生は借金を80%カットでき、任意整理は借金の利息をゼロにできます。それぞれの債務整理には一長一短があるので、弁護士とよく相談して決めていきましょう。大阪で法律事務所を探すときは、自己破産と個人再生の経験が多い事務所がおすすめです。これらの方法に精通している弁護士であれば、任意整理の交渉もスムーズに進められます。過払い金が発生していると考えられる場合は、過払い金請求を検討してください。

どんな取り立ても即座にストップする

大阪の弁護士に借金の相談をしたのに、金融機関からの取り立てが止まらなかったという人がいます。こうした人は弁護士に相談をしただけで、受任契約をしていないケースが多く、それゆえ債権者側に受任通知が届いていないのです。弁護士への借金相談はあくまで相談であり、借金を解決するための手続きとは異なります。正式契約を交わせば弁護士はすぐに債権者に受任通知をし、それが届いた時点で取り立ては止まります。債務整理の手続きが開始されれば、債権者側は債務者と直接連絡を取ることができなくなるのです。

早めに正式契約をしたい理由とは

大阪の弁護士は債務者に一番と思われる方法を提案してくれるでしょう。具体的な方法を提案されたら、早めに債務整理の手続きをするのが得策で、それは手続きが遅れるほど債務が膨らんでいくからです。借金には遅延損害金というペナルティが生じるので、延滞日数が長くなるほど債務が大きくなります。1日単位で遅延損害金が付与されるため、早く弁護士に相談をすることは債務増加を抑えることになるのです。借金が増えれば最後は自己破産を求められるなど、解決の選択肢が減っていく問題もあります。

広告募集中